脱毛サロン脱毛には特殊な方法で施術を行うお店も

subpage01

脱毛サロンの多くが光脱毛の方法でムダ毛のお手入れをして貰えるようになっています。

光脱毛は特殊なライトを肌に照射する方法で、クリニックなどで行われている医療レーザー脱毛のように、黒いメラニンに吸収されるライトが特徴です。
ムダ毛には毛周期がありますが、黒いメラニンは成長サイクルに入っているほど濃いため、ライトを照射した時に成長期のサイクルに入っているムダ毛はライトを吸収しやすくなります。毛周期に合わせて繰り返し施術を行う理由は、成長期のサイクル以外のムダ毛は、メラニン色素が薄く、ライトの吸収率が悪いからです。
ライトを吸収すると、光エネルギーが熱エネルギーに変わり、毛母細胞組織の機能を弱めます。

脱毛サロンについて解説いたします。

ムダ毛を誕生させる細胞組織の機能が低下するので、ムダ毛が生えにくい状態になる、これが脱毛サロンの美容脱毛の特徴になっています。



最近の脱毛サロンは毛母細胞組織ではなく、ムダ毛の種とも言える部分に作用する、ハイパースキン脱毛を取り入れているお店もあります。

ハイパースキン脱毛の場合は、成長期のサイクルではなく休止期のムダ毛に作用するのが特徴です。


熱などにより組織を破壊するものではなく、種を摘み取る形の脱毛が特徴になっています。メラニンの濃い薄いなどに関係なく脱毛施術を行えるので、1ヶ月に1度などの割合でムダ毛のお手入れを行って貰えばムダ毛が生えにくい肌になるメリットもあります。



但し、脱毛サロンの光脱毛やハイパースキン脱毛は永久性がないので、将来的にムダ毛が生えて来るケースも少なくありません。